Journal

大胆なメイク

MAKEもファッションに
合わせて
個性的で大胆に。

■ホワイトメイク■
2020AWキービジュアルにも使用した
MAKE。
トーンコーデに合わせて、
MAKEも合わせて。
ベースは、素肌感を残しつつ、
チークはほんのりと。
リップは、色味を無くす。
アイメイクは、ランダムに白のシャドウを
メイクブラシで。
まつ毛もシャドウと同様、白く。
全体がボケないよう、
アイラインはブラックでしっかりと。

 

■ブルーメイク■
トーンコーデにプラスで、差しカラーを。
ホワイト、グレー、シルバーのトーンを
邪魔しないよう、
感寒色系のブルーでカラーを取り入れ。
まつ毛の生え際と
ブルーのエリアの間に少し
スペースを残して、
アイシャドウを際立たせます。
自然な目のくぼみをなぞって好みの形を。


■アイブロウOFFメイク■
あえて、眉毛をカラーを無くしたメイク。
どこか不思議な印象が、魅力的に。
マットのアイシャドウを
骨格に合わせて軽く。
陰影が出るように。
マスカラもしない分、
下瞼のインラインは
ブラックでしっかりと。
リップは深めの赤で。
より一層、アンニュイ感をプラスに。
 

■キャットラインメイク■
どの角度から見てもアイラインが
目立つメイク。
目に強さを出す分、
リップは色味を抑えて。
アイシャドウは骨格に合わせて
上下にブラウン。
ポイントは、涙袋まで
ブラウンをしっかりと。
目の形を強調するため。

 

 

■艶のあるシャドウメイク■
デイリーにしやすいメイク。
思う存分目元に艶を出して、
ビビットカラーにも負けない
アイメイク。
ブラックのラインでしっかりと、
目元を締めて。
赤リップはお好みの色味で。